気ままに女ひとり旅、中欧エリアが大好きです。 > ドイツ
2017年02月21日

1日目Aデュッセルドルフ 今夜のご飯はなーに?無菌豚を食べますよ。

いろいろありながらもデュッセルドルフ中央駅に到着して、、、

とりあえずホテルを探したんですが、どうも繁華街に通じている入り口と民家が多いエリアに通じている入り口があり、逆(民家側)に出てしまったわたし。

そんなこと知らないのでホテルがある通りを探すもののみつからなーい♪

訳の分からないところまで歩いて、、どうもこれは違うなと気付く。(遅い)

続きを読む
posted by みぃ at 21:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月20日

1日目@ いざドイツ、デュッセルドルフへ!!!

いざ、ドイツへ。
前回同様フランクフルトに飛ぶのか、、はたまたデュッセルドルフに飛ぶのか、、、計画の段階でだいぶ迷いましたw

フランクフルト悪くないんだけどね、動きやすいし、一応ハブ空港。(入国審査はクソ超絶待たされたけど)

目的地は北だし、ANAも飛んでるし、得にフランクフルトに用事もないし、デュッセルドルフに飛ぶことに決めました。

言ってもデュッセルって日本人の駐在さんがドイツの中では一番多い日本人には動きやすそう(思い込み)だし一度くらい行っとくか、というのもあって。

決めました。続きを読む
posted by みぃ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月25日

7日目D おまけ

さて。

ちょっとしたおまけを少しばかり。

帰りの道中、ガソリンが足りなくなったため給油を。

海外の高速にあるサービスエリアはこんな感じです。

2015-01-25 17.18.08.jpg

2015-01-25 17.18.16.jpg

私が行ったところが小規模だっただけかもしれませんが・・・

奥に小さなeni shopっていうのがあってそこでガソリンの料金を払ったりコーヒー買ったりちょっとしたお菓子を買ったり。

2015-01-25 17.22.06.jpg


支払いカウンターが1個?しかないので長蛇の行列w

そうそう、ドライビング用品(工具的なのとか、オイル的なものとか・・・なんだかいろいろ)も売っていたのだけど、日本のサービスエリアでもあるのかしら?

いつも意識して見てないので考えてみたら知らなかった笑

おまけA。

ウィーンから延々と運転をしてくれた彼女。

今回どのくらいの距離を運転してくれたのかなと。。。

ちょっとgoogle先生に聞いてみましたw

無題.png
(だいぶ見づらいので拡大してみて下さい


ウィーン→ミュンヘン→ノイシュバンシュタイン城→ヴィース教会→ウィーン。

実に1000キロメートル越えwww

そんな長い距離運転してまで来てくれるなんて・・・本当に良い友人を持ったなあと

大切にしないとですね。

ちなみに、参考までに調べてみると・・・

私が列車にてフランクフルトからミュンヘンにたどり着くまでに移動した距離は・・・(電車の移動のみです)

フランクフルト→リューデスハイム→ケルン→ハイデルベルグ→フランクフルト→ヴュルツブルグ→ニュルンベルグ→ヴュルツブルグ→ローテンブルグ オブ デア タウバー→ヴュルツブルグ→ミュンヘン

しめて5日間で約1360キロメートル

良く動いたねwww

ただ、私が5日間かけて動いている距離を彼女は2日で運転してるからね。

ホント感謝です。

それではホントにホントにこれでドイツ編は終了です。

クラーゲンフルト編は少し置いておいて(旅行記は少し疲れましたw)、

少しの間、オーストリアのあれこれ(オススメスポットやレストラン等々。)について書いていこうかと思います。

ドイツ編を最初から読みたい方はこちら♪
↓↓↓
1日目@ フランクフルト!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑ ランキング参加しています★良かったらポチっとお願いします^^
posted by みぃ at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7日目C ヴィース教会

ノイシュヴァンシュタイン城を出発して、30分ほど走ったところでやってきたのはこちら。

Wieskirche(ヴィース教会)

2015-01-25 14.35.53.jpg

牧草地の丘の上にポツリと建つ(まあ、私が行ったときは一面雪でしたがw)一見なんの変哲もない真っ白でシンプルな教会。

それなりに有名どころの教会でここまでシンプルなものってあんまり見かけない気がします。

そんなヴィース教会ですが、世界遺産にも登録されており、年間100万人以上が訪れる人気ぶり。

なぜか?それは次の写真を見れば分かるでしょう。

2015-01-25 14.39.26.jpg


2015-01-25 14.39.43.jpg


目を見張るほどの豪華絢爛な装飾たち。

2015-01-25 14.41.01.jpg


天井のフラスコ画と言い、、、

2015-01-25 14.44.59.jpg

こんな田舎にあるとは思えぬ豪華さなのです。

有名な大きな教会というのは大概は立地の良い場所にあることが常。

ロンドンのウエストミンスター教会にしかり、ウィーンのシュテファン寺院にしかり・・・

しかしこの教会は車で行くのが一番便利、電車だけでは到底行けない場所にあります。

そう、そんな田舎に世界遺産にまでなる豪華すぎる教会があるのか?

その謎は少し時代をさかのぼると解けます。

1730年、地元の農夫が持っていたキリスト像が突然涙を流し出したという奇跡が起こりました。

そんな訳でこの像を一目みたいと集まる人々のために小さな礼拝堂を建てたのがことの始まり。

その後、この像に祈ったら病気が治ったという奇跡も加わり、ヨーロッパ各地から巡礼者が押し寄せてくるまでになったためより大きく立派な教会を建てることになったとか。

設計建築は当時の名匠ドミニクス・ツィンマーマン、天井画はミュンヘンの宮廷画家であったヨハン・バプティスト・ツィンマーマンが手がけたとされ(この2人は兄弟)、それまでの経験を全て注ぎ込んでついに1754年にたったのがこのヴィース教会だったわけです。

ちなみにこのキリスト像は正面の主祭壇に今も飾られています。

2015-01-25 14.40.56.jpg


doitu180.jpg


ここまで来た甲斐があったなあと思える教会でしたよ。

ノイシュヴァンシュタイン城もヴィース教会も車がないと少々不便な場所にありますが、ミュンヘンからオプショナルツアーが出ているのでそちらを利用するといいのでは?と思います。

こちらの現地オプショナルツアー専門の旅行会社VELTRA
を利用すればノイシュバンシュタイン城とヴィース教会がセットになったオプショナルツアーも扱っているのでオススメです。

(もちろん現地オプショナルツアーはいろいろな旅行会社で提供されていますが、この2つに関して言うと同時に行けるツアーは扱っていない会社もありです)

もちろんドイツに限らず他の国のツアーも数多く扱っている会社なので、ちょっと自力で行くのは辛いかなあ?という場所があったらこちらで検索してみると素敵なツアーとめぐり合えるかもしれませんね。

というわけで長々と続いていたドイツ旅行編もついに終わりです。

ここからは友人とウィーンに戻って2週間ほど他の知り合いの家に滞在していたのですが、旅行記と言うにはあまりに適当な2週間だったので(ほぼ住んでいた当時を懐かしんで終わりました)、途中で3日間遊びに行った相方の実家があるクラーゲンフルトや、特記すべきことのみにしようかと思います。

その前に次の記事にておまけ編としてウィーンまでの道中、高速道路での給油休憩(サービスエリア?)をした話を少し書いて終わらせようと思います。

まあ、たいした記事にはならないと思いますけど。

海外のサービスエリア(と言えるほどのものかはともかく)って少し興味あるかなと思ったので。

※今回紹介した海外現地オプショナルツアー取り扱い旅行会社※
゜:*★ドイツのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°


ドイツ編を最初から読みたい方はこちら♪
↓↓↓
1日目@ フランクフルト!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑ ランキング参加しています★良かったらポチっとお願いします^^
posted by みぃ at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月22日

7日目B ノイシュヴァンシュタイン城

さて、馬車から降りて少し徒歩で上がったところで・・・

今度こそご対面!

道の脇に広場?みたいなところがあってそこが写真スポットになっております♪

Schloss Neuschwanstein

2015-01-25 12.01.49.jpg

2015-01-25 12.03.32.jpg

白鳥城と異名をもつだけのことがある美しさ。

2015-01-25 13.13.55.jpg

2015-01-25 12.25.36.jpg

中に敷地内に入るとinformationなんかもあったりして、ちょっとした待合場所もあります。

大半が自分のツアーの時間になるまで外で待っていましたがわたしたちは寒かったので中にいましたw

ちなみに入り口前には下記のようなモニターがあります。
2015-01-25 12.25.45.jpg

買った券面に整理番号と時間が記載されているので、モニターの一番上にその番号と時間が表示されたらやっと中へ入れるというわけです。

見ると分かるように5分、10分刻みでツアーが出てるんですよね。

大雪なのにすごい。

まあ、行った日が日曜だったからなのもあったかもしれませんが。

そしてそしてついに中へ。

写真NGだったので残念ながら写真はないんですけど。

こんな大きいのに入れてもらえる部屋数はかなり少なくて時間かけて行った割にあっさり終わった印象でしたw

楽しかったけどね。

中のお話は・・・割愛します。ぜひ自身の目で確かめて下さい♪

ちなみにオーディオガイドは入場すると入り口で言語を聞かれるので伝えるとセットして渡してくれて、その段階で音声は既にスタートさせてるみたいです。

ついでに言うと部屋から部屋に移動している時間なんかも含めて録音されているので(黙ったなーと思ってて、、次の部屋に着くくらいになると、さて今あなたは〇〇という部屋にいます、、ってな感じで勝手に始まります)本当に一切操作はしませんw

ちなみにオーディオガイドツアーではありますが、1ツアーごとにガイドさんはついていて、

次行くよーとか、、ホントにちょっとした声かけがあるんですが、

それがドイツ語なんですよねw

せめて英語にしたらいいのに、、笑

中も堪能したところで再度馬車に。

歩き出して半分くらい来た所でちょっと待ってねーと言われ馬車がストップ。

なにごとかなーって思って見ていたら道の脇にトラックと馬が止まっていて、、

そう、お馬さんの交換だったみたいです。

ここまで歩いてくれたお馬さんはトラックの後ろに乗せられておうちに帰るのかな?

きっと休憩しに戻ってまた戻ってくるんでしょう。

というわけで新しい子にチェンジして下まで降りてきました。

2015-01-25 13.40.14.jpg

とっても穏やかな顔してて可愛い。

ちゃんとありがとうって言って来ましたよ。

2015-01-25 13.40.43.jpg

こちらは今回は入るのをやめたホーエンシュバンガウ。

入った方いたらぜひこうだったよーって教えて下さい。

時間も時間だったのでパーキングの近くの売店でお昼代わりの軽食とコレクションしているポストカードを購入して車へ。

行きは逆向きに走っていて気付かなかったみたいですが、、、

なんとこーんな景色!

2015-01-25 14.00.57.jpg

2015-01-25 14.04.36.jpg

完全なフォトスポット!

帰り際は要注意です!

もしかしたらこの景色見れたのが一番感動だったかも笑

ここまでのはなんだったんだ?ってなるけどw

夏のノイシュヴァンシュタイン城は夏に行ければ見れるけど、雪のノイシュバンシュタイン城はタイミングがあわないと見れない代物なのでラッキーでした!

次行く機会があったら夏に行きたいなーと思います♪

この後、もう1箇所だけ行きます!

オプショナルツアーに入ると大概はセットになっているあそこです!

ドイツ編を最初から読みたい方はこちら♪
↓↓↓
1日目@ フランクフルト!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑ ランキング参加しています★良かったらポチっとお願いします^^
posted by みぃ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。